一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

 

霜降の季節、朝6時。

 

霧が、まるで波のように押し寄せてくる。

 

 

その向こうに抜け出したくて、

 

 

起きたばかりの身なりで、車を走らせた。

 

 

 

Now playing:Spangle Call Lilli Line
「Nano (TK Kaleidoscope Remix)」

 

 

中国地方の山間部にひっそりと佇む、

 

津和野(つわの)という町に住み始め、

 

気づけばちょうど1年が過ぎていた。

 

「いつかこの町に住みたい」

 

そう思ったのは、もう2年ほど前のこと。

 

世界を駆け巡って辿り着いた答え、

 

「いつかどこかに根を張って、
自然に沿った暮らしがしたい。」

 

その想いを叶えてくれる場所だった。

 

 

ここでものを買うといえば、

 

スーパー1軒と、コンビニが1軒、

 

地元の商店がいくつかあるだけ。

 

ショッピングモールもなければ、

 

ドラッグストアもない。

 

ユニクロも、ダイソーも、マクドナルドもない。

 

私の家にいたっては、携帯の電波もない。

 

札幌で暮らしていたころとは、

 

雲泥の差である。

 

 

けれど、この町には

 

「ない」が「ある」のである。

 

 

なぞなぞのようになってしまうが、

 

「ない」が「ある」ところを探すのは、

 

日本ではなかなか難しいことなのだ。

 

 

”なければないで済んでいたものが、

 

なくてはならなくなるのだから、

 

便利とは不便なものだ。”

 

哲学者で作家の池田晶子さんの言葉。

 

 

私が生まれてからのたった30年そこそこで、

 

たくさんの便利なモノが世に出たけれど、

 

結局それが手元にないと生活できなくなるなら、

 

やはり「便利は不便」なのだ。

 

 

「ない」が「ある」この町は、

 

太古の昔から変らない、

 

美しい山と川と、四季の移り変わりと、

 

それに沿った暮らしの知恵が、

 

きわだって残っているように思います。

 

野菜や米づくり、森の手入れ、季節の保存食、味噌などの調味料

 

お掃除や礼節、八百万の神への畏れにいたるまで。

 

学ぶこと、得るものばかりが「ある」場所です。

 

 

一番のご褒美は、雲のない夜の星空。

 

天の川まで、はっきりと見渡せる。

 

そんなときは、旅路で見た星空を思い出す。

 

グルジアのカズベキか、ボリビアのウユニか、

 

はたまたチリのアタカマだったか、、、、

 

などと思い起こしながら、

 

あらためて
日本で天の川が見える場所に住めたことの
喜びを噛みしめる。

 

それで、それだけで、じゅうぶんなのだ。

 

この町で目にするうつくしい景色、

 

これからわたしが進むべき道のこと、

 

すこしずつ伝えていければと思います。

 

見守っていてくださいね。

 

**********************
いつも読んでくださってありがとうございます♪
2013年6月に旅から帰国し、
現在は島根・津和野(つわの)町にて暮らしています。
↓世界一周のブログはこちら↓
【いと、うつくし。-世界一周ブログ-】
**********************


世界にただひとつの、負の遺産。

**********************
いつも読んでくださってありがとうございます♪
2013年6月に旅から帰国し、
現在は広島・宮島にて暮らしています。
↓世界一周のブログはこちら↓
【いと、うつくし。-世界一周ブログ-】
**********************


高校の修学旅行で、一度だけ訪れたことがあった。

そのときは目の前の楽しいことに夢中で、

クラスメートとはしゃいで、

この原爆ドームを背に記念撮影をした。

他は一切の記憶がない。

それがたとえ何だとしても、写真におさめれば満足な年頃だった。

私も30歳すぎて、
原発のこと、核廃棄物のこと、放射能のこと、

自分なりにではあるけれども考えるようになってからは、

この場所を訪れる感覚も、ずいぶん変化した。


広島に来て今感じていることは、

平和、環境問題、原発問題に対する関心が高いということ。

図書館に行けば関連の書籍も充実しているし、

エコイベントに行けば、

その分野に関して意思を持って話せる人が多い。

訪れる外国人観光客も、関心が高い。


そう、ここは世界で初めて原爆が落ちた場所。

それは悲劇の遺産であると同時に、

広島が「世界のヒロシマ」として

世界に平和を訴えるシンボルでもある。

その説得力が、この町にはあるように感じた。


平和記念資料館の入館料がたった50円というあたりにも、

広く伝えたいという、広島の熱意が感じられる。

私が広島に住むことになったのは、

ちょっとした偶然の集まりみたいなもので、

特に血縁が居るわけでも、

取り立てて思いいれがあるわけでもなかった。

ただ、

その分野について深く考えたいと思っていた自分にとっては、

来るべくして来たのかもしれないと思える場所だった。

世界で最も平和を叫ぶにふさわしい場所で、

私も未来のために出来ることを、もっと考えようと思う。

↓おすすめしたい書籍↓

「人類共存の哲学/庄野直美(ショウノナオミ)」

人類の未来について考えるために、
宇宙の起源から、地球、生物、人間、宗教とは何なのか、
そして平和、地球との共存についての答えまで、
ひとつずつ順番に紐解いていく本です。

【庄野直美さん】
広島県出身の物理学者。広島女学院理学博士のちに名誉教授。
被爆した直後の広島に帰省しすさまじい被害を目撃した一人。
第一回原水爆禁止世界大会から主催事務局員として参加、平和活動に貢献。
物理学者でありながら、唯物論哲学を学び、仏教信仰の末「物心弁証法」を悟る。


私が住んでいるのは、この景色が見える場所。

広島の二つ目の世界遺産、宮島です。

神様が住むと信じられているこの島で、

さらに縁深い出会いもありました。

その話は、また今度。

新しい暮らしの始まりです。

Now playing:Fishmans「Flight」

* * * * * * * * * * * * * *
  ■ツイッターでつぶやきちゅう■
ブログUP情報などいち早くお知らせ♪
 ↓ぜひフォローお願いします。(PC対応)↓
http://twitter.com/#!/itoutukushi
スマートフォン・携帯の方は
「itoutukushi」で検索してね♪
* * * * * * * * * * * * *


PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 根を張って生きる。
    kin
  • バッターボックスでは呼吸を整えて。
    Suya
  • バッターボックスでは呼吸を整えて。
    なかあか
  • バッターボックスでは呼吸を整えて。
    Suya
  • バッターボックスでは呼吸を整えて。
    みゆき
  • 与え与えられる日々。
    SUYA
  • 与え与えられる日々。
    SUYA
  • 与え与えられる日々。
    しょうちゃん
  • 与え与えられる日々。
    いーだ
  • 世界に向かって平和を叫ぶ。
    Suya

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM